<< 日生劇場初日 | main | サイモンさん >>
2010.03.14 Sunday

九日目

0

    日生劇場の「染模様恩愛御書」も今日で九日目です。  嬉しい事に、どうやらお客様にも、喜んでいただいているようです。 上演時間は二時間四十分と少々(途中二十分の休憩を含む)。 お疲れにならない時間だと思います。 しかし私達は、開演時間がいろいろなのと、二回公演が多いので、いつもより気を付けております。
     ご来場をお待ちしております。
    写真は、遠くて見づらいのですが今朝、晴海埠頭に着岸した客船「にっぽん丸」です。

    コメント
    こんばんは。
    本日(もう昨日ですね)の舞台、拝見しました。

    初日に比べて、役者の皆さんがそれぞれの役に入り込まれて、
    表情やしぐさに気持ちがしっかりこもっていらしたり、
    また、初日とは少しお芝居を変えて工夫していらしたり、
    お芝居がより深く楽しく、こなれて独特の旨味が出てきているように思いました。
    門之助さんの細川のお殿様は、友右衛門を不義密通で斬ろうとする場面が、
    初日よりもより迫力があり、ぴーんとした緊迫感が増していました。
    それゆえに、友右衛門と数馬を許していろいろ取り計らうところでの、
    お殿様の人格者としての優しさがより対照的で際立っていたように感じました。
    それから、門之助さんの細川越中守は武士として生きているなあ、と思いました。
    武家の掟や筋を通すのも武士、人の心根に感じ入って許すのも武士、
    武士として、大名としての物差しで生きる姿が良い意味でとてもリアルで、自然でした。
    役作りを丁寧にされているからこそなのかな、と思います。
    拝見したばかりで少々興奮しておりますので、
    何を言っているのやらわかりづらくてすみません。
    やはりお芝居は生もの、できれば二度三度拝見するのが楽しいですね。
    門松さんや瀧二朗さんのお出になるところも初日でチェック済みでしたので、
    じっくりと拝見させていただきました。

    公演も十日目に入り、ほぼ毎日二回公演でお疲れの出るころかと思いますが、
    お身体十分ご自愛なさって頑張ってください。
    • 理瑠
    • 2010.03.15 Monday 01:22
    ここ数日は、四月の歌舞伎座のチケットを取るために
    必死にパソコンと格闘しておりました。
    門之助様の四月は
    新橋演舞場 ですよね〜〜〜うぅぅ涙;
    観たい!のですが
    歌舞伎座の観劇で、財布がスッカラカン!です。
    なんで!四月に??
    歌舞伎大好きな私としては、恨めしい・・・




    • 2010.03.16 Tuesday 00:35
    理瑠さん
    ありがとうございます。 本当は初日には、皆様にベストのものをお見せしなければいけないのですが、回数を重ねて、初めて気付く事があります。 これからもよろしくお願いします。
    • 門之助
    • 2010.03.17 Wednesday 12:18
    姫さん
    ありがとうございます。 四月は歌舞伎座ですか?  最後の歌舞伎座。 私も出演したかったのですが、演舞場の方にお役があると、お声が掛かり、演舞場に出演致します。    歌舞伎座御観劇のついでに、すぐそばの演舞場にもご来場、お待ちしております。
    • 門之助
    • 2010.03.17 Wednesday 12:34
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM